構図・構成スキル

望遠レンズで作る量感と遠近感の構図

公私ともにかなりバタバタしていて、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。それなりに確信が持てる作例を持って更新するという都合(勝手なこだわりです)のため、もともと更新頻度は高くありませんが… 私の近況はさておき、今 …

構図・構成スキル

連続する類似オブジェクトが作る視線誘導の圧力

視線誘導で遠近感を補助する 豊かな画面の重要な要素となる視線を誘導する構成。視線誘導を促すためには線的要素を使って写真の構図を作るなど様々な手法がありますが、今回は類似オブジェクトを使ったアプローチに触れてみようと思いま …

構図・構成スキル

色の強い桜の写真はどうまとめる?

派手な桜は悪手なのか? 桜の季節なので桜を題材にして色のことを考えてみたいと思います。きっかけは以前書いた「彼岸花で理解する色(色相・明度・彩度)の関係性」という記事に質問をいただいたこと。 何回も読んでるんだけど、最後 …

構図・構成スキル

セオリーを崩して狙う心象を表現する構図

夏真っ盛り。休暇に一眼レフやミラーレス一眼を持って登山をするという方もいるのではないでしょうか。今回はそんな山での感情を表現する構図を考えてみます。ちょうど北八ヶ岳の天狗岳でそんな構図にチャレンジしてきたので、それを題材 …

構図・構成スキル

パンフォーカスの中で視線誘導するコントラスト

パンフォーカス。レンズの絞りを絞り込み、近景から遠景まで画面全体にピントを合わせる技術で、風景写真などでよく使われる手法です。今回はそんなパンフォーカスの写真の中でボケとは別のアプローチで視線誘導するロジックを考えてみま …

構図・構成スキル

イマジナリーラインでストーリーを感じさせる構図を作る

今回は画面の中に現れる線をテーマにしてみようと思います。先日、谷川岳を登山した際に見たこの景色。いわゆる誰が撮っても大勝利となる場所なのですが、その理由に今回扱う線の要素が深く関わっています。 それはタイトルにもしている …

構図・構成スキル

朝焼け・夕焼けはなぜ人を惹きつけるのか

これまで被写体の構造やコントラストから構図を考えるという記事を続けてきましたが、今回はちょっとそこから離れて色について考えてみます。タイトルにもあるとおり朝焼けや夕焼けになぜ惹きつけられるのかです。 横から差し込んでくる …

構図・構成スキル

コントラストで魅せる構図

これまで被写体の構造や写真のフォーマットが持つ特性からのアプローチで構図を組む手法を紹介してきました。 ファインダーを覗く前に構造を理解しよう【棒ノ嶺 1/2】 長方形というフォーマットを使い切る対角線構図 今回はそれら …

構図・構成スキル

長方形というフォーマットを使い切る対角線構図

写真は四角い 普段なにげなく見る写真。 丸いフレームに加工するなどの特殊な例を除いて基本的に四角いですよね? そう、写真は四角い。3:2や4:3、最近だと16:9なんて比率もありますがだいたい長方形です。そして四角という …

構図・構成スキル

ファインダーを覗く前に構造を理解しよう【棒ノ嶺 1/2】

これまでSpaceFlierで書いていたレタッチノートという、構図からレタッチを経て1枚の写真を仕上げていく工程を綴ったシリーズ。構図について総合的に理論を解説した書籍などもありますが、1枚の写真を組み立てていく工程を深 …