IW Bleach Bypassリリースのおしらせ

IW Bleach Bypassリリースのおしらせ

現像・レタッチスキル

効果控え目、銀残し風プリセット

PENTAX K-1に搭載されている銀残しを参考にしながら、汎用性を持たせるためにすこし効果は控え目に設定した有料のプリセットグループです。基本のトーンに加えて、ハイキーやローキーに振った設定や少しウォームなトーンに振った設定の4バリエーションとなっています。

テクスチャや明瞭度のパラメーターを上げることで銀残しらしいギラッとした仕上がりになります。クリック一発で使う、よりパンチの効いた仕上げのベースに使う、どちらの用途でも使いやすいように調整しています。

PAKUTASO PRESETより500円でご購入いただけます。(ぱくたそカメラマンが作ったプリセットが他にもたくさんあります!)

バリエーションは4種類

IW Bleach Bypass

このプリセットグループの基本になるプリセットです。渋みのある色味になっています。金属質感やシャドウ部の中の微かなディテールが浮かび上がります。また、銀残しの風合いと解像感を高めるために粒子を加えています。

IW Bleach Bypass [High Key]

色味を揃えてハイキーにしたバリエーションです。ヒストグラムの両端はそのままにグッと明るくハイトーンへシフトするプリセットです。

明るい光の質感を表現したいシーンなどに向いています。

IW Bleach Bypass [Low Key]

色味を揃えてローキーにしたバリエーションです。ハイキーとは逆にヒストグラムの両端はそのままにググッと明るさを抑えてほのかな光を演出するのに向いたセットになっています。

シャドウの中のトーンの立ち上がりが引き立つ設定です。

IW Bleach Bypass [Warm]

明るさはベースのBleach Bypassと同じままに暖かみのある色味に振ったバリエーションです。このプリセットグループが全体的に感触寄りのトーンなのでややウォームに振ったセットになっています。

アレンジTips

標準的な露出の写真であれば多くの場合でプリセットを適用するだけでちょうど良い効果のかかり具合になるように設定していますが、元々ハイキー・ローキーな写真に逆のキー設定のプリセットを適用して重厚なトーンを出すという使い方もできます。

ギラッとした雰囲気や解像感を出すためにデフォルトでは粒子を加えていますが、クリーンなシャープネスが欲しい場合は、粒子をオフにしてシャープネスのパラメーターで整えることで現代的な仕上げを楽しむこともできます。